So-net無料ブログ作成

京都・奈良 社寺仏閣巡り 43 東大寺 その2 [旅行]

DSC_0852.jpg

奈良の大仏様を跡にして向かったのが正倉院でしたが、現在修復中で拝観不可のため、仕方なく若草山の方へと進みました。次の目的地は二月堂です。

lento_20140105082748.jpg

DSC_0854.jpg
DSC_0855.jpg
二月堂へ向かう参道を登っていきます。
lento_20140105083802.jpg
lento_20140105083838.jpg
雰囲気の良い廊下を上がって行くと
lento_20140105075550.jpg
DSC_0858.jpg
国宝:二月堂
旧暦2月に「お水取り」(修二会)が行われることからこの名がつきました。
二月堂は平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)の2回の大火には焼け残ったとされていますが、寛文7年(1667年)、お水取りの最中に失火で焼失し、2年後に再建されたのが現在の建物になるそうです。本尊は大観音、小観音と呼ばれる2体の十一面観音像で、どちらも何人も見ることを許されない絶対秘仏だそうで、建物は2005年12月に国宝に指定されました。
DSC_0859.jpg
DSC_0860.jpg
DSC_0861.jpg
DSC_0865.jpg
この存在を全く知らなかったので感動でした。
lento_20140105084203.jpg
lento_20140105084223.jpg

DSC_0868.jpg
国の文化財:三昧堂(四月堂)
開山堂の隣にあるのが三昧堂で、旧暦四月にここで法華三昧の行が行われたため、俗に四月堂と呼ばれるようになったそうです。
法華三昧とは、天台宗における四種三昧の一つである「半行半坐三昧」のうち、法華経に基づいて行われる行のことで、1021年に創建されたのだそう。その後、鎌倉時代に再建されるが、その後、鎌倉・室町期の古材を用いて1681年に改築された。現在は、1903年に法華堂(三月堂)から移された千手観音立像が本尊となっているが、かつては普賢菩薩像を本尊としたため、普賢堂(ふげんどう)とも呼ばれていたそうです。

DSC_0863.jpg
国宝:法華堂(三月堂)
「天平時代の宝石箱」とも称される法華堂。熱心な仏像ファンのみならず、初めて訪れる人をも魅了してやまないそうです。
安置される仏像のうち14体が奈良時代のもので、いずれも傑作揃い。
慈愛で包み込むような眼差し、深い思索を促す眼差し、射すくめるような鋭い眼差しは、見る者の心の奥にまで、真っ直ぐ届いてくる。ここでは時計の針を遅らせて、一体一体とじっくり相対したい。
また法華堂は東大寺の中で最も古い建築物である。聖武天皇は728年、1歳に満たずに亡くなった基親王(もといしんのう)の菩提を弔うため、金鐘山房(きんしょうさんぼう)を建立し、9人の僧侶を止住させる。この中の1人は、後に初代別当となる良弁だ。金鐘山房はその後、東大寺の前身寺院とされる金鐘寺として発展しました。
寺伝によれば、法華堂はこの金鐘寺の遺構と伝わっていて740年〜747年ごろに建立されたと考えられ、東大寺の創建より遡るお堂なのだそう。本尊は不空羂索観音。
この法華堂、元々は2つの建物で、右が檜皮葺きの礼堂、左が瓦葺きの本堂(正堂)だった。鎌倉時代に、礼堂が重源によって再建され、その後さらに、礼堂を入母屋造りに改築して2棟をつなぎ、現在のような1棟になったそうです。向かって左が奈良時代、右が鎌倉時代ですが、時代の異なる様式が見事に調和し、美しい佇まいを見せているそうです。

DSC_0864.jpg
法華堂のすぐ南に鎮座する手向山八幡宮は、明治の神仏分離の際に東大寺から独立するまで、永らく東大寺と一体で、その始まりは東大寺創建にまで遡ります。
聖武天皇は749年、大仏造立の守り神として、宇佐神宮(現在の大分県)から八幡神を勧請したそうです。これは、八幡宮から初めての分社となる。八幡神は当初、平城京の南の梨原宮(なしはらのみや)に鎮座した後、東大寺大仏殿近くにある鏡池(八幡池)に遷座。以来、東大寺の鎮守となりました。1180年の治承の兵火の際、平重衡による南都焼討ちによって焼失するが、1250年に北条時頼が再建し、現在の地に遷座されたそうです。
lento_20140105084924.jpg

ここから、次は世界遺産の春日山原始林を抜けて、春日大社に向かいます。



nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 1

風来鶏

3月12日の夕方、二月堂へ向かう参道は物凄い人出になりますね(^^;;
この日でないと、松明が見られないと思っている人が多いみたいです!?
by 風来鶏 (2014-02-25 10:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。